両国・錦糸町の「整体・リンパサロンこもれ美」

ご挨拶

初めまして、院長の上野と申します。

この度は数ある治療院の中から当店のホームページにお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

ブログでは、様々な症例やお身体不調の原因と対策など、皆様のお役に立てる内容を更新していきたいと思っております。

一番最初に、私がこのサロンをOPENした経緯をご紹介できればと思います。

きっかけ

私が治療家になるきっかけとなったのは、父の病気がきっかけでした。

3年前、父は蜂窩織炎(ほうかしきえん)という皮膚病にかかりました。

蜂窩織炎とは、皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけて炎症を起こす化膿性の細菌感染症で、細胞自体を壊死させてしまう恐ろしい皮膚病です。

父の足は、左膝下が大きく腫れ、痛みが酷く歩くことも眠ることもできない状態でした。

皮膚科で診てもらいましたが、ステロイド剤を塗られ、状態は一向に回復しませんでした。

回復するどころか、悪化するばかりで、母も私も不安な毎日を過ごしました。

足を切断しなくてはいけないかもしれない・・・最悪の事態も頭を過りました。

リンパとの出会い

そんなとき、母が「リンパを流すのがいいみたい!」と私に言ってきました。

それまで私は【リンパ】という言葉をあまり聞いたことがなく、これをきっかけに【リンパ】は体内の老廃物を除去する排泄機能と免疫機能を果たす重要な体液であることを知りました。

母と私は、リンパについて勉強を始め、これは効くんじゃないかと思うことは全て父に施しました。

結果、リンパを流す「ある方法」を行ったことで2ヶ月間で父の足はここまで回復をしました。

case4_1

痛くて眠れない、思う様に動けない、イライラしてしまっていた父に少しずつ笑顔が戻り、私たち家族も父が元気になったことで笑顔になれました。

開業へ

私は、父の足がきっかけで、【リンパ】を流すことの重要性を実感し、また【リンパ】を流すことが健康に繋がると確信しました。

また、当たり前かもしれませんが、【健康であることが一番の幸せ】で【家族の幸せ】あることも、このとき改めて実感しました。

私は、これを仕事にできたら、人を健康にできて、喜んでもらえて、笑顔をつくれる最高の仕事だなぁと思いました。

この出来事がきっかけで、私は勤めていた会社を辞め(親にビックリされました(笑))、そこからさらにリンパと整体の勉強を重ね、独立開業へと進みました。

お身体の不調、痛みやしびれ、皮膚疾患などでお悩みの方はお気軽にご相談頂ければと思います。

皆様のお役に立てるよう誠心誠意ご対応させて頂きますので、よろしくお願い致します。

両国・錦糸町の整体は【満足度97.6%】整体・リンパサロンこもれ美 PAGETOP